2012年01月03日

氏神さまのところに新年の挨拶

あけましておめでとうございます

近くの氏神さまのところに新年の挨拶に

 子どもの頃「初詣」というと、大きな神社に行くとさらにご利益がありそうな気がしていました。たくさんの人と共に、長い参列に加わり、お参りの後はお祭りのような様子に喜ぶ。
 こういった初詣はもちろん嬉しかった。
 氏神様へのご挨拶は、静かで心が暖まる感じがします。

中町天祖神社
いつも、静かな時間が流れている感のある、この氏神様のところも、人がたくさん訪れていました。閉まりきった社務所も雨戸がしまわれ、そしてお正月仕様に飾られた境内全体に息吹きを感じます。

nakamachi101.jpg

用賀神社
用賀にはよく買い物に行き、いろいろと便利にさせてもらっているので、ご挨拶に。
駅に近いせいか、こちらの方が参拝の方々が多かった気がします。

youga101.jpg

 それぞれの神社をよくみてみると、歴史も違うし、祀られている神様も違うし、少し離れたところに行くと習慣も違う場合がありますが、特に参拝の制約、「ここの氏子はこの神社に行くべき」「参拝は一社にするべき」などがないのは、非常にすばらしい!文化だと思います。

 ですので、また後日少し空いて、参拝客が減る頃、一ノ宮に初詣に行こうかなとも思っています。

 一年また生きて、また新しい年を生きる。そんなあたりまえのことに感謝することが出来ると、とてもすがすがしく感じるような気がします。


龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 10:54| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

中町天祖神社

nakamachi-matsuri-5.jpg

 少し前の話になるが、10月2日は、ここ世田谷区中町の氏神様のお祭りだった。
中町天祖神社の例大祭である。前日の1日から御輿が町を練り歩き、2日の夜に社殿に戻ってくる。

 創建は不明。古くから氏神様として祭られてきている神社だそうだ。
住宅地の間にひっそりと佇んでいる神社で、世田谷に引っ越してきた頃何度も前を通ったが全く気がつかなかった。
 小さいが、石畳の参道にはイチョウの木が並び、お社はケヤキ、ムク、カシなどの樹木に囲まれている。大きくはないが鎮守の森が残る神社である。境内はいつも綺麗に掃除がされている。
ひっそりとした、参道を通り、手水舎で清めてお参りをすると、ホッとする。そんな氏神様である。

nakamachi-matsuri-2.jpgnakamachi-matsuri-1.jpg

 お祭りの日、自転車で神社を訪れてみると、境内にたくさんの出店があった。綿飴、りんご飴、おでん、仮面屋、クレープ屋、射撃、金魚すくい。
 全て自分自身が子どもの頃にお祭りで見た出店とほぼ同じである。お店の名前は忘れたが、型を綺麗に抜くと賞金または、商品をもらえるというゲームの店もあった。小学生の頃、男の子が必死で挑戦していたのを思い出す。
こういった店はみんな子どもたちがいっぱいで、みんな楽しそうに遊んでいた。テレビゲームやインターネットなた。どで遊ぶ子たちは、昔からあるこういった夜店には興味ないかと思ったがそうでもないと知ってなんとなく安心し
 楽しいことは今も昔も変わらないのかもしれない。


 神楽殿で、歌謡ショーが行われ、御輿が社殿に戻り、その後には紅白のもちが撒かれた。
もちはラッキーなことに白と赤の一個ずつもらうことができた。縁起がいいと喜び、焼いて食べた。すごく美味しかった。

nakamachi-matsuri-4.jpgnakamachi-matsuri-3.jpg

龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 10:49| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。