2010年11月09日

秋の紅葉を見つけに…

車でたったの2時間しかかかならかった。というのが行った時の感想。
こんなに近かった日光に生まれて初めて行った。

今回の目標は紅葉を見たいというもの。友人と二人、車でブラブラ旅。
この日は、台風がちょうど過ぎてフェーン現象のピーカンを期待していたが、
残念ながら、雨が降ったりやんだりの天気だった。

雨の紅葉も美しいはずと思い、東照宮を訪れた。
そして、その美しい日本の建築美を期待して参道を目指した。
この日は日曜日だったせいかすごい人であった。!さすがは、世界遺産。
傘を差した人が東照宮にお参りしようと長い列が作られていた。
これぞ、「人気観光地」とういう感じで、外国からのお客様も
たくさん写真を撮っていた。
これだけ人がいると、訪れた感想は「人がたくさんいた」とうもの。
私の頭のスクリーンには、文化遺産よりも、人の群れが写しだされる。
「シトシトと降る雨に濡れる神さびた参道」
というイメージを作りに行ったつもりだったが、
努力の甲斐がなかったのある。

しかし、陽明門も見たし、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の写真も
撮ったしで、行ったことがあるお宮として、話ができるようになった。ということで、
よしとしようと思う。

_MG_1151.jpg_MG_0990.jpg


人の少ない参道をプラプラ歩いていると、
木彫りの小物を売っているお店が見えたので、中に入ってみる。
伝統ある地場産業の日光彫を継承したものだそうだ。
伝統工芸師として認定されているそうだが、
「二代続いて女なんです」と言って明るく元気な女性が楽しそうに説明してくれた。
彼女がその工芸師らしく、その日は手鏡のを彫っていた。

日光彫にしかないヒッカキ彫の説明をしていただき、実際に自分でも
彫ってみる。
このヒッカキ彫は独自の三角刀を用いたもので、東照宮を作る時にヒッカクように使われた
ところからその名がついて、ここにしかないものだと聞いた。

_MG_1208.jpg_MG_1220.jpg_MG_1222.jpg


そのヒッカキ彫を使用したものがこのお盆らしい。
ひとしきり、彼女と話をし、笑い、彫り、写真を撮ってお店を後にした。
ということで、初の東照宮は人の群れと元気な女性伝統工芸師の思い出となったのである。


ちなみに、日光彫でお世話になったのは、
平野工芸 日光市御幸町640-5
TEL:0288-54-1014
posted by nanami at 15:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

生まれてはじめて・キャンピングカー

 ハッピーバースディーツミー
 Happy Birthday to me

 と歌いながら過ごした私の誕生日。
毎年、毎年誰かが祝ってくれるのを待っていたような
そんな他力本願な誕生日を過ごしていただのだが、
今回はハタと気が付いた。自分で祝ってみよう!!!

 すると、朝から口ずさむのがこのHappy Birthday to ME.
となったのである。一人でおもしろがって、一日歌っていた。
 そんな私の誕生日がある7月は、何故か旅行好きの私を象徴している
ように、どこかに旅にでている。まぁそのほとんんどは仕事だが、
私は仕事が好きなので、仕事で旅行に行くとなると、
好き×2倍となるのである。

 今回は北海道。
 何しろ出身地であるので、なつかしいという思いと、
やっぱりいい!北海道という思い。そんな様々な思いで
道央から道東を車で走ることとなったのである。

 そんな北海道の予定を立てていたら、
一緒に行く予定だったスタッフの親族の方が急に病気になり、
いけなくなってしまった。そっか一人で道東か・・と思っていたら、
大学時代の友人がアシスタントをしてくれることとなった。
 車の中では、ペチャクチャペチャクチャと話しに花が咲き、
長いドライブも大変実りのあるものとなった。
 無事に仕事も終わって、次はその友人のところに泊まる予定。
江別市のはずなのだが、南幌というので、何?だろうと思っていたら、
キャンピングカーに泊まらないかというのである。
 それって何?何?
 つまりそれは、車で牽引された、小さな家?
 とっても北海道らしい。テレビや映画で見たことがあるが、
実際に一度も見たことがなかったので、
持ち前の興味がワッとわいてきた。
 
 南幌は川の隣にキャンプ場があって、
友人の住む江別市からは10分で来ることができるそうだ。
木々があって、気持ちがよいところ。

_MG_7989.JPG
南幌のキャンプ場
 
 その友人が運んできたキャンピングカーは、
たぶん部屋の大きさで考えると、4畳半ほど? 
ベットがあって、椅子とテーブルがあって、小さなキッチン、
冷蔵庫、シャワールームにトイレ。テレビ。暖房設備まである。
それがこの四角い箱に全て詰まっている。

 その夜は、北海道では定番のジンギツカン。
何年ぶりに食べたそれは大変美味しかった。
窓を全開にして、涼しい風が気持ちよく入ってくる。
それに加えて勝手がわからない私は、用意もあと片付けも
出来ずに見ているだけで、
まぁその友人も座ってろというのでお言葉に甘えて、
食後は風を楽しむというこれまた贅沢なこととなったのであった。

_MG_7985.JPG
キャンプ場に沈む夕日
キャンピングカーの写真を撮るのを忘れました。

posted by nanami at 11:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。