2010年12月10日

利権の取り合い

 本当に小さな利権、それも、ほんの少しの利益が出ると思われる利権。それを絶対に手放したくないと必死で守ろうとする人たち。
 その人が話す内容はどんな言葉も詭弁にしか聞こえないのだけど、本人にとってそれは、まったくもって正しい正義なのである。
 今後の展開も考えることができないし、創意工夫もまったくなく、少しの利益を守ろうとする。他の人達がもっと展開できるように、いろいろなアイディアを出したり、市場を調べたり、頭をひねっていてもそういうことにはまったく目に入らず、その利権を守ることに必死でそちらに知恵を働かす。そして、自分が話をしている内容が矛盾していても正義を貫いていると信じているために、まったく気づかないし、矛盾していても正しいと思っている。
 ……
こうなるとため息しか出てこない。

 話はどこまでも平行線で、決裂しているのだが、利権を守る人たちは、自分の思うとおりに事は進んだと思っているようだ。
 信頼関係を長く続かせようと思うのだったら、目の前の利権にこだわるよりも、他の人たちのことも少し考えて、このプロジュクト事態が成功するように考えた方がいいよ。

 と言っても聞いてくれるわけないか……

 恐ろしいことに、プロジェクトがうまくいくと、自分たちには見向きもしないと思っているのだから。
 つまり信頼関係を作ることには興味がないということなのだ。
posted by nanami at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

11月のトマトが旬

トマトの旬は4月か11月。

トマトは夏が旬と思っていたが、、11月の今頃が一番甘味があって美味しいそうである。
理由は、夏だと暖かすぎて実が甘味を集める前にすぐに赤くなってしまうからだそうだ。
なるほど〜。
案外、常識とはあてにならないものだとまた確認することとなる。

今年の夏、山形県庄内砂丘でトマトを作る窪畑ファームを取材した。
取材の目的がは庄内砂丘だったので、残念ながらここで作られているトマトに関しては、
ほとんど記事にはならなかったが、是非紹介したいと思った。
ここでは、アニス農法を用いてトマトを作っている。
アニス農法で農作物を作ると栄養素の分解の過程が省略されて、作物のストレスを少なくすることができるため、
甘味があり、鮮度を長く保ち
美味しい野菜を作ることができるそうである。
さらにここ窪畑ファームでは、庄内砂丘の真ん中でトマト畑を作っているために、土壌が砂。
見事な水ハケである。そのため、水を絞って甘味の強いトマトを作ることに成功しているのである。

盛夏の時の取材で、トマトをいただいたが、微妙な酸味と甘味のバランスがなんともいえなく美味しかった。
これが、旬になると、いったいどんなトマトができるのだろうと思った。


_MG_8831.jpg_MG_8693.jpg
posted by nanami at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

黒塗りのベンツ

先日、お客様と一緒に福島県に行くことになった。
当日は朝、家まで来てくれるという。

ジリリリリリー
着いたよ!

外を見てみると、それは黒塗りの大きなベンツだった。
小柄なYさんが小さく埋まってみえるほどの・・・

いそいそとその大きなベンツに乗り込んで出発。
高速をビュンビュン飛ばして、走る、走る!

現地で取材をし、写真用などの撮影をし、
夕方帰途へ。
帰りもそのベンツは山道をものともせずに、走る!走る!
爽快である。

ところが・・・
あれ、何か音がおかしい????
ピューンという電子音がして確認をすると、パンクである。
そう山道の途中でパンクしてしまったのである。
降りてみてみると、右側の前のタイヤばペッチャンコ。

Yさんはタイヤを取り替えられないという。
では私がスペアタイヤに取り替えよう!・・・と思ったのだけど、
相手はベンツ。一瞬しり込みをしてしまった。
何かあったら、どうしよう・・・とか、思っているうちに、
Yさんが、電話で修理に来てくれるメンバーの会員だったので、
修理屋さんを呼ぶことにした。

電話で現地を説明するが、何しろまったくの山の中なので、
どこにいるのか説明ができない。
ここだと思うとか、そこを左手にとかいろいろ言って
やっとわかってもらった。
1時間ほどで来てくれることになった。

その間、様々な車が横を通りすぎていく。
そしてハタと気がついた。
誰も止まって助けようとしてくれない。
私たちこんなにかよわい女性なのに・・・どうして・・・
そういえば、私もパンクなどで道路で往生していると、
必ず助けてくれる親切ドライバーさんがいたんだけど・・

そして、気がついたのである。
そうだ!この車は黒塗りの大きなベンツだった。
そうだよね、軽トラックを運転して通りすぎる人は
だれも止まってくれないはずである・・・
高級車はこういう時損なのである。

ちなみに、パンクの修理代金は5万円だったそうだ。
posted by nanami at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。