2013年04月09日

月と龍

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

ginryu.jpg

 月と銀龍。なんと幻想的なことか・・・

 以前、山道を車で走っていた時の夜。そこには、街灯はなく、反射板もなく、人口的な光が何もないところがありました。でも何故か明るいので、不思議と思って車のヘッドライトを消して、降り立ちました。
 そこには、ほのかな光によって出来た、木々の影がありました。
 そうなんです。月の明かりだったのです。
 満月の夜、雲のない時は、月の光で十分明るく影ができるということをこの時初めて知りました。
 
 夜になると街灯が街を照らします。ですので、月の明かりなどまったく意識することなく何十年も過ごしてきたので、この発見は私にとっては大変な驚きでした。
 文明の利器は大変便利ですが、その為に封印されてしまう、さまざまな自然現象があるのではないかと思ったものです。

 月の状態を見て木を伐ったり、潮の状態を確かめたり、健康も月を見て何らかの回答を得たり、すべて迷信だと思われていたことも、科学的に証明され始めていることがたくさんあります。
 やっぱり、自然に対して畏敬の念を持ち共存することは大事なことだと、また思いました。
 
 
posted by nanami at 11:10| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。