2013年03月31日

ものの見方

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

kouryu-y.jpg

 黄色い龍が金色の球を持っています。
 そして、中心の金色の球は四方に向かって光を発射しています。
 世界の真ん中から、世界を統べようとしているそんな感じです。

 真ん中から四方をぐるりと眺めてみると、一つ一つの事象が順番に見えてきます。この龍は叡智を持って、世界全体を統べるべく世の中を見てるはずなのですが、今日の私の見方は否定的です。
 
 真ん中から見ているということは上から全体を見渡すわけではないのよね〜。
 全ての調和をとるために総合的な考え方をするというよりは対処療法のように、対する物事を一つづつみて判断する。そんなカードに見えます。
 どうして、今日はマイナスに見えてしまうのでしょう。日によってはとってもプラスに解釈できるのに・・・・

 わかった、これは四方ばかりではなく、四方八方、上も下も横も前もということなのかもしれません。そうすると、もっと視野が広くなって、総合的な見方が出来ていくのかも。

 ものの見方というのは、下手すると一点からしか見えない時もありますが、実は千差万別で良くも悪くも本当にいろいろな見方ができると思います。
 でも、いつでも冷静に、曇りのない心の窓で見ることは大事ですよね。
posted by nanami at 15:06| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。