2012年02月23日

彌彦神社 3

yahikojinjya-7.jpg
摂社・末社

 新潟の人たちに、彌彦神社とは?と聞いてみると、
「女の神様だから、カップルでお参りに行くと、神様が嫉妬してそのカップルは分かれることになる」というもの。
何故かそんな通説があるのだが、ここの神様はれっきとした男神で、山頂の御神廟には、お妃神「熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)」と仲良く祭られている。ちなみにここは縁結びの名所となっている。

 弥彦は温泉も有名で、その昔は男性が遊びに行くのには、奥さんが付いてこないようにこのような詭弁を使ったことがいまだに残っているということらしい。

 これだけの歴史がある神社だと、境内に宝物殿があるのはめずらしいことではない。
平安時代、室町時代、鎌倉時代、に歴史の中に登場する、武将や有力者からの立派な太刀や陶磁器などさまざまなものが奉納されている。

 その中でも特に私が感動したものがある。
 それは、上杉謙信が武田信玄との5度目の川中島合戦を前に記した祈願文である。

 ある時、学研が出している、神社紀行の特装版で彌彦神社というA4より少し大きめの36ページの薄い本が社務所で売られていたのでそれを購入した。神社、お祭り、由緒から門前町の話などが織り込まれていた。そのうちの見開きで2ページが上杉謙信のお話だった。

 祈願文の写真があり、その解説には
「川中島合戦の出兵にさいし、彌彦神社に神助を請うた祈願文。その文面は、けっして私利私欲の戦をしなかった謙信の人柄を彷彿させる」
と書かれていた。

 当時バラバラだった越後を武力ではなく人望で統一をしていき、戦いに行くときには、神仏に恥じることのない義戦であるという信念で戦っていたということが、書かれていた。

 現在でも非常に人気が高い武将であり、小説やテレビ番組などで幾度も紹介されている。

 今も、昔も、本当に人の心を動かすことができるのは、こういう人物なんだなとその時に思った。そんな、日本史の表舞台で活躍した武将の跡を意図せずしてたどることとなった、そんな古い歴史のある神社でもあるのがここ彌彦神社でもあるようだ。

おわり

yahikojinjya-8.jpg
posted by nanami at 12:26| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。