2010年07月19日

生まれてはじめて・キャンピングカー

 ハッピーバースディーツミー
 Happy Birthday to me

 と歌いながら過ごした私の誕生日。
毎年、毎年誰かが祝ってくれるのを待っていたような
そんな他力本願な誕生日を過ごしていただのだが、
今回はハタと気が付いた。自分で祝ってみよう!!!

 すると、朝から口ずさむのがこのHappy Birthday to ME.
となったのである。一人でおもしろがって、一日歌っていた。
 そんな私の誕生日がある7月は、何故か旅行好きの私を象徴している
ように、どこかに旅にでている。まぁそのほとんんどは仕事だが、
私は仕事が好きなので、仕事で旅行に行くとなると、
好き×2倍となるのである。

 今回は北海道。
 何しろ出身地であるので、なつかしいという思いと、
やっぱりいい!北海道という思い。そんな様々な思いで
道央から道東を車で走ることとなったのである。

 そんな北海道の予定を立てていたら、
一緒に行く予定だったスタッフの親族の方が急に病気になり、
いけなくなってしまった。そっか一人で道東か・・と思っていたら、
大学時代の友人がアシスタントをしてくれることとなった。
 車の中では、ペチャクチャペチャクチャと話しに花が咲き、
長いドライブも大変実りのあるものとなった。
 無事に仕事も終わって、次はその友人のところに泊まる予定。
江別市のはずなのだが、南幌というので、何?だろうと思っていたら、
キャンピングカーに泊まらないかというのである。
 それって何?何?
 つまりそれは、車で牽引された、小さな家?
 とっても北海道らしい。テレビや映画で見たことがあるが、
実際に一度も見たことがなかったので、
持ち前の興味がワッとわいてきた。
 
 南幌は川の隣にキャンプ場があって、
友人の住む江別市からは10分で来ることができるそうだ。
木々があって、気持ちがよいところ。

_MG_7989.JPG
南幌のキャンプ場
 
 その友人が運んできたキャンピングカーは、
たぶん部屋の大きさで考えると、4畳半ほど? 
ベットがあって、椅子とテーブルがあって、小さなキッチン、
冷蔵庫、シャワールームにトイレ。テレビ。暖房設備まである。
それがこの四角い箱に全て詰まっている。

 その夜は、北海道では定番のジンギツカン。
何年ぶりに食べたそれは大変美味しかった。
窓を全開にして、涼しい風が気持ちよく入ってくる。
それに加えて勝手がわからない私は、用意もあと片付けも
出来ずに見ているだけで、
まぁその友人も座ってろというのでお言葉に甘えて、
食後は風を楽しむというこれまた贅沢なこととなったのであった。

_MG_7985.JPG
キャンプ場に沈む夕日
キャンピングカーの写真を撮るのを忘れました。

【関連する記事】
posted by nanami at 11:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。