2013年04月14日

常に与えてくれる太陽

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

 kinryu.jpg

 いつも手に取るとわくわくさせてくれるのがこの金龍カードです。
 太陽を表わし、暖かく、そして、前向きな何かが起こるようなそんな気がしてきます。

 私の場合はいつも「大きなエネルギーを与えてくれる」という、都合のいい解釈をついしてしまいます。それは富、仕事、愛情、良い友人などいろいろなのですが、物質的に足りないものを補ってくれたり、欲しいと思っているものを与えてくれるそんなイメージを勝手に作り上げてます。

 ですが、今よくよく考えてみると、太陽はどんな時も公平に光を届けてくれているんだなぁと思います。曇りであったり、吹雪であったりしても関係なく毎朝太陽は昇ります。
 そして、地球には大気があるから光が屈折して、様々な色と景色を生み出し、我々が昼として認識できるということです。もし大気がなかったら昼の認識ができなく暗い宇宙のようだということ。
 だから、今の環境は太陽、地球、宇宙のバランスで昼の美しい景色を見ることができると考えると、またまた全ては繋がってバランスが取られているのを感じます。

 ・・・と、自分の身勝手さを反省するように、宇宙のバランスなども考えてみましたが、与えられる喜びを味わうのもいいかなと思いました。

 
posted by nanami at 10:57| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。