2013年04月07日

人が感動する作品

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

shugyu.jpg

 以前にも出てきた龍なのですが、今日はこの龍を見るとモーツアルトを思い出します。
 彼は天才と言われた音楽家です。
 
 なんでも、彼は頭を抱え試行錯誤をしながら作曲したのではなく、公園を散歩している時に「わぁ〜〜っ」と音楽が思い浮かび、それを書き写すだけだったという逸話が残っています。つまり、高次元の何か、つまり神界?に繋がってその音を感じ、それをこの世に残したのではないかとも言われてるのです。

 本当に人の心を打つものは、何世紀を経ても人々に愛され続けます。モーツアルトの音楽は間違いなく、愛され続けられているものの一つでしょう。

 人の心を打つものとはどういうものなのかと考えると、いろいろと頭に浮かびますが、その理由はさておいて、その基準はやっぱり多数決? 多くの人が良いというものは、やっぱり良いのでしょう。
と勝手に結論付けました。
 
 私自身は、「人が人のために自分を省みず行う行為」という内容の話しや逸話を聞くとすごく感動します。自分を後ろに置く、つまり私利私欲がないところに感動するな・・・と。
 これが、いい作品を作る時のヒントなのかなと思います。
 

 
 
posted by nanami at 08:55| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。