2013年04月06日

雷が落ちた!

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

rairyu.jpg

 じゃ〜ん。
 一体何を考えている!もう一度考えてみぃ。
 やってることを振り返ってみなさい。

 そんなふうに聞こえてくるのがこの雷龍のカードです。「おやじの雷が落ちた」とは、おやじに怒られたことを言いますが。まったく同じような意味を持っていますね。
 タロットの「塔のカード」も同じような絵柄です。

 よからぬことを考え、エゴイスティックになると、いつの世も雷が落ちるということなのかな・・・と思います。
 最初は順調に見えてその塔を建てていきます。ほぼ完成という時に雷が落ちて崩れてしまう。すると、最初からやり直しか、立ち直れない場合も出てくるかもしれません。
 美しい心で、人のため、または世の中の役に立つことを・・・をしていきましょう!という戒めや警告を発しているのかな。
 
 ですが、もし失敗したらそれを糧に次に進めばいし、やり直すといいのです。何度もも挑戦しているうちに、なんとなくこの世の理も見えてくる。きっといい形になっていくと信じて。


 余談・・・この図柄はもともと絵を描いたチャルさんが描いていたものを、カードにアレンジしてもらいました。いろいろな意味で偶然が重なってこういうカードになりました。
posted by nanami at 10:42| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。