2013年04月02日

つねに仕事たたくさん

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

hiki.jpg

 このカメは何?
 最初に見た時の感想です。

 「贔屓の引き倒し」の贔屓です。常に重いものを持って下から支えています。
 まるで、「土台」。土台が崩れると全てを失うから、贔屓を大切にしないと、引き倒しになってしまい全てを失うという故事です。これは納得です。

 逆に、土台がしっかりしていると強いということですよね。たとえ、ちょっとした風雪があってもしっかりした土台なら大丈夫。
 人間でいうところの考え方になるのでしょうか?しっかりと自立しており、良心に従った考え方をしていると怖いものはない? 
 何かあっても、自分の向かう道を粛々と進んで行ける。

 この「贔屓」のカードを見ていると、一生懸命に土台を支えている姿に見えます。地味ですが、上で何が起こっているのかもわからないけど、それがどんなにそれが重くても、自分の役割だと信じてひたすら耐えているようにも見えます。

 この一生懸命さって見ている物にとっては感動的で、人を動かすことに繋がっていくような気がします。
 

 
posted by nanami at 11:00| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。