2013年04月14日

常に与えてくれる太陽

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

 kinryu.jpg

 いつも手に取るとわくわくさせてくれるのがこの金龍カードです。
 太陽を表わし、暖かく、そして、前向きな何かが起こるようなそんな気がしてきます。

 私の場合はいつも「大きなエネルギーを与えてくれる」という、都合のいい解釈をついしてしまいます。それは富、仕事、愛情、良い友人などいろいろなのですが、物質的に足りないものを補ってくれたり、欲しいと思っているものを与えてくれるそんなイメージを勝手に作り上げてます。

 ですが、今よくよく考えてみると、太陽はどんな時も公平に光を届けてくれているんだなぁと思います。曇りであったり、吹雪であったりしても関係なく毎朝太陽は昇ります。
 そして、地球には大気があるから光が屈折して、様々な色と景色を生み出し、我々が昼として認識できるということです。もし大気がなかったら昼の認識ができなく暗い宇宙のようだということ。
 だから、今の環境は太陽、地球、宇宙のバランスで昼の美しい景色を見ることができると考えると、またまた全ては繋がってバランスが取られているのを感じます。

 ・・・と、自分の身勝手さを反省するように、宇宙のバランスなども考えてみましたが、与えられる喜びを味わうのもいいかなと思いました。

 
posted by nanami at 10:57| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

創造すること

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

sekiryu.jpg

 赤い龍が炎を吐き出しています。
 まるでハワイ島の女神ペレ様です。
 この赤龍は南を統べているといわれます。ハワイ島は日本から南に位置します。だからペレ様にたとえるとピッタリしますね。
 
 大地を新しく作る創造の神さまにもたとえられます。カードを見ると何か怒っているようにも見えるのですが大地を創るエネルギーは巨大なのでこのように爆発しているように見えるのではないかと思います。

 新しいものを作り上げようとする時は、本当にたくさんのエネルギーを注入しないと出来上がりません。問題が出てきたらそれを解決しない限りは前に進めないですし・・・
 ですが、それが成就したり、完成したり、世の中に認められ始めるとこの上もない喜びになります。
 この喜びを求めて苦労を重ねるか、それともぬくぬくと現状維持か、どちらの選択肢でも後悔だけはしたくないですね。
posted by nanami at 10:04| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

早い乗り物

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

ryuma.jpg

 本当はもっと、もっと早く走れる龍が少し次元を下げて、馬のように駆けています。でもその馬は普通の馬よりも早く駆けることができるということらしいです。
 
 ここでいつも思うのは、産業革命が起こる前、自動車や飛行機が発明される前、最も早い地上の乗り物が馬だったということです。
 だから、馬が駆ける速さを体験してみると、どんな感じがするのだろうと思います。
 
 私は一度だけ馬に乗ったことがあります。
 アメリカの牧場で10ドル払い近くの森を馬に乗って散歩しました。初めて馬と顔を合わす私は少し怖かったのですが、どうも馬は人がどう感じているかわかるようで、私は完全に馬にバカにされ、少し進んでは止まり、少し進んでは止まり・・・となかなか、先に進んでくれません。その度にガイトの人が馬のおしりを鞭でたたくということとなりました。
 馬の上は思っていたよりも高く、そして、乗っているとお尻がすごく痛くなってきたのを思いだします。
 もちろん駆けるなんてことはできなくて、のろのろのろと。だから馬が駆けるとどんな感じがするのだろうと思います。馬に乗れことができるところもあるようですが、探さなくてはいけないですよね。

 車には簡単に乗れます。そして、馬よりも早く走ることが出来ます。電車は車よりももっと速く走ります。飛行機はさらに早く・・・どんどんと早い乗り物が近代になって開発されてきました。

 この早い乗り物は、もともと光よりも早く進むことが可能な龍が馬にあきたらなくて、開発の手助けをしていると考えるとロマンがあるなと思いました。
 
posted by nanami at 17:58| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。