2013年03月27日

清浄な自然のエネルギー

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

ryuketsu.jpg

 龍穴といわれる良いエネルギーの出口は清浄な自然の中にあると言われています。
 
 日本では古代から自然を尊び感謝の念を捧げてきました。そして、美しく、エネルギーが高いところをお祀りし、最終的に今、そういったところには神社が建てられています。または、そういうところをお祀りできるように拝殿が建てられています。
 とすると、日本の聖地には神社が建てられている所が多いということになるのではないでしょうか。

 文明の利器に頼りっきりの現代人よりも、自然の営みと一体となって生きた古代人の方がどう考えても自然には我々よりも敏感であったと思います。
 その古代の人が、祀ってきたところが最終的に神社となる!
 
 神社って当たり前にその町に1つや2つあって、お祭りが行われるとみんなが集まる。初節句、七五三、厄年など神社に参る習慣は日常生活の一つです。
 その神社も古いところは何千年の社歴があり、創建時期がわからないという神社すらあります。

 今年は皇紀2673年ですが、それ以前からあるといわれる神社も多数。縄文時代も数に入れると、4千年、5千年と果てしない時を人々がお参りしてきたのかもしれません。
 そんな感謝の気持ちを何千年も奉ってきた神社には、やっぱりいい気が流れているのだと思います。

 龍穴を感じる手っ取り早い方法は、大事にされてきた神社に行くのが一番かもしれません。
 

 
posted by nanami at 12:19| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。