2013年03月16日

九つの頭を持つ龍

washukitsu.jpg

 このカードの名前は和修吉となっていますが、実は九頭龍のことです。
 絵をよく見てもらうと頭が9つあります。それぞれが違う表情をしており、それぞれに個性があることが見てとれるのではないでしょうか。
 そして、どう見ても海の中にいるようなんですよね〜。

 人にはさまざまな才能があって、実はそのいろいろな才能はやる気になれば、体現できるのではないかと思います。「やってみたいけど、自分には無理、無理」と思うことは、「やってみること」に対して「無理」と言い訳をしていたりして・・・と思うことがあります。やってもみないのにわかんないではないですか!?

 やってみたら、案外いけるた!と思うこともあるでしょうし、最悪失敗したら次にやってみたいことをみつければいいことだとなのですが、その失敗が怖かったり、あとは新しいことに挑戦することがめんどくさいと思ったり。
 一度切りの人生なので、思う存分、成功の喜びも、失敗の悔しさもいろいろと味わってみるといいかと思うのです。

 そして、この龍を見て思うのは、本当に器用な日本人を表わしているのではないかということ。
 シカゴにいた頃、よく日本人の働き方について話題となったことがありました。話を聞くところによると、アメリカは一つの仕事に対してそれを突き詰めるのが良く何ができるのですか?あなたの仕事は何ですか?と聞かれて、これと、それと、あれが出来ますと言った時点で信用を失うとか。

 そんな社会の、そんなアメリカ人が日本の会社を訪れて、事務の仕事をしている女性を見ると仰天する。というのです。

 日本ではあたりまえのことなのですが、彼等にしてみると、複数の仕事をこなしているらしいです。
 電話を取り、伝票を書き、お茶を出し、お客様の相手もし、秘書のような仕事もし・・・それでいて仕事は正確で丁寧。

 この話しを聞いた後に、日本人は器用なんだ。と私の頭には刷り込まれました。そして、このカードを見ると必ず思い出す話です。
 
 
 
 
posted by nanami at 12:13| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。