2013年03月21日

「読書」「速読」「多読」

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

fuki.jpg

 球の代わりに文献を銜えている龍。よく手を見てみると、筆も持っていました。まさに、何かを書こうとしているのかな。背後にも文字が見え隠れしています。

 「書く」ということは、私にとって毎日のように行われていることで、これについては逆に書くのが難しいなぁ。と思いました。

 なので、今回は「読む」についてなのですが・・・

 私はマンガも好きですし、文芸書も、ビジネス書も読みます。読書は好きな方です。でも、早く読めるかというとそうでもありません。友人は2ページを2秒ほどで読み、単行本一冊を読むのに10分くらいしかかかりません。なんて効率的なのだろう。と思います。

 そこで、私もやり方を教えてもらい、さて読書と思ってもそうはいかないのですよね。

 速読って難しいなぁと思っていたのですが、先日、本田直之さんの『レバレッジリーディング』を読んで気づいたことがあります。
 彼はアメリカの大学で大量の本を読む必要性があったからこの方法『多読』を時間をかけずに読む方法を自分で編み出したそうです。そして、私の友人も大量の本を読んで気がついたら早く読めるようになっていたということなのです。

 で、私の場合。今のところせっぱつまって大量の本を読む必要がない。それと、私が読む時は、必ず自分の頭の中で、読んでいる本から映写機が立ち上がり、内容を映像化しています。その映像は実生活と同じ速さなので、早送りができないのですよね。だから、文字だけ読んで先に進むことがなかなかできないというか、映像を見るのが楽しいので、それを「したくない」というのが本当のところなのかもしれません。

 マンガの場合は、映写機を立ち上げる必要がないので、少しは早く読めているかもしれませんが・・・

 ということで結論、「やっぱり今のところ大量の本をせっぱつまって読む必要がないというところが、本を読む速さにつながっているのだろう」でした。

 それでも早く本を読める人はうらやましいなぁとも思います。 
posted by nanami at 10:28| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

雨を降らせる龍

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

uryu.jpg

 雨を降らせる龍。雨龍。

 昨日ちょうど世界の水事情を気のおけない人たちといろいろと話しをしたところに、今朝は雨龍のカードが・・・
 
 世界から見ると小さな国土の約70%が森である日本は、古代から治水をするために森を管理することが重要だということを知っていたのだろうと推測される文献や事象が山のようにあります。

 木材の急激な需要が起こり、森から木が切り出され、その後これはまずいと大規模な保護政策がとられたのは、私が思い浮かべるだけでも、江戸時代、第二次世界大戦後など。今私たちは、古代からの森に対する考え方やこの政策のおかげで森林率が高い土地に住み、渇水の心配をせずに暮らしています。

 でもちょっと世界を見渡すと、「水戦争」が起こるのではないかと思われるくらい、水の問題が起きつつあります。そんな世界の森林率はだいたい25%〜30%。最初にこの統計をみたときは、「え〜そんなに低いの?」と思いました。

 日本は狭い平野にぎゅうぎゅうになって暮らしているので、そういった都会には緑が少ないですが、ちょっと郊外に行くと山はだいたい雑木林、人口林、そして、もっと奥に行くと自然林ととにかく山は森に覆われています。だから、私は砂漠は別としても、世界のあらゆる国にもきっと郊外に森が広がっていると思っていたのです。

 でも、それが違うと知った時は愕然としました。
 ということは、日本は世界に冠たる自然を大切にする国か!

 「自分の当たり前は、違う環境や考え方、はたまた世界にちょっと目を向けるとそれが違う」
 そんなふうに思うと、この平和で安全な日本に住まわせてもらって、もう少し感謝をしなくては、と思わせていただいた、「雨龍カード」でした。
 
posted by nanami at 11:34| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

闇の中に現れた導く光

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

Yameijyu.jpg

 夜を明かるくする球、「夜明球(やめいじゅ)」
 
 問題の真っ只中にいると、周りが見えていなくて、暗中模索状態で、心も閉ざされ、まさに闇の中にいる気分になります。
 
 でも大丈夫、闇の中に光を照らす球が現れました。

 いつもそんなふうに感じるのがこの夜明球です。龍神カードには、球が二つ描かれており、もう一つは宝球(ほうじゅ)これは、さまざまな文明を作り上げてきた魔法の球のように感じます。まさに「明暗を分けています」。
 でも、よくよく考えてみると、両方とも、先を明るく示しています。闇の中に現れた光導く球、そして、光輝く魔法の球。

 生きていると辛いこと、悲しいことが起こります。でも、出来る努力をして前向きに生きると、どこかでその状態が改善されていく。時間の流れとともに、状況が変わっていくと思います。
 そして、また辛いこが起こり、悲しいことが起こります。
 そうしたら、またその状態もやがて改善され、「こんなこともあったな」という思い出に変わっていく。
 まるで、スパイラルのように、いろいろなことが起こって歳を重ねていく。

 そう思うと、今あるいろいろな問題や悩みも明るく受け止め、さぁ!先に進もう!
 どのように、自分の心を持っていくかだ!よーし!

 今日は、一生懸命、心持を変えようとしている、ちょっと暗い私でした。
posted by nanami at 09:26| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。