2013年03月31日

ものの見方

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

kouryu-y.jpg

 黄色い龍が金色の球を持っています。
 そして、中心の金色の球は四方に向かって光を発射しています。
 世界の真ん中から、世界を統べようとしているそんな感じです。

 真ん中から四方をぐるりと眺めてみると、一つ一つの事象が順番に見えてきます。この龍は叡智を持って、世界全体を統べるべく世の中を見てるはずなのですが、今日の私の見方は否定的です。
 
 真ん中から見ているということは上から全体を見渡すわけではないのよね〜。
 全ての調和をとるために総合的な考え方をするというよりは対処療法のように、対する物事を一つづつみて判断する。そんなカードに見えます。
 どうして、今日はマイナスに見えてしまうのでしょう。日によってはとってもプラスに解釈できるのに・・・・

 わかった、これは四方ばかりではなく、四方八方、上も下も横も前もということなのかもしれません。そうすると、もっと視野が広くなって、総合的な見方が出来ていくのかも。

 ものの見方というのは、下手すると一点からしか見えない時もありますが、実は千差万別で良くも悪くも本当にいろいろな見方ができると思います。
 でも、いつでも冷静に、曇りのない心の窓で見ることは大事ですよね。
posted by nanami at 15:06| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

宝の球

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

hojyu.jpg

 これで大丈夫。やっと宝の球が出ました!!!
 
 あなたの目標が達成され、現実界に実現されます!
 
 大変なこともあったでしょう。
 
 ですが、あなたが自分の良心に従って曇りのない心で物事を行ったからです!
 
 きっと、周りの人々も地球も宇宙も喜んでいるに違いありません!


 以上は宝球(ほうじゅ)カードの私のイメージです。龍がその手に持っていると言われる宝珠は、持っているといつでも、どのような形でも願いがかなうのではなくて、きっと、世のため、人のためになるような、心がきれいで自分の良心に恥じないことをしてきた人が手に入れることができるのかな。と思います。
 
 そんな心で毎日を精一杯過ごすと、いつのまにか周りの人からも支持され、物事を実現していく力が増していく。結局、一人では何もできないですからね。

 何かしていると、いやな人もいるし、価値観が極端に違って何を考えているのか想像すら出来ない場合もありますが、それでも一つ一つの過程を大切に大意に向かって歩む。

 これって「言うは易く行なうは難し」で、途中で心が折れそうになることもありますが、でも最後まで続けることによって、「成す」んだろうなぁ〜。と偉大な功績をこの世に残した人に思いをはせてみました。
posted by nanami at 09:45| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

弟龍の役割

 カードを見て、解説書を読んで「今」感じることを勝手に気ままに書かせていただいています。

 batunanda.jpg

 兄弟の一人です。そして、このカードは弟の方です。
 二番手なのですが、大変能力の高い龍のような気がします。

 同じ目標のために、トップと協力、協調体制を整え自分の力を最大限に出す。カッコイイ!
 力があるくせに、「俺が、俺が」としていないところがいいし、「能ある鷹は爪を隠す」的にうまく周りを動かして目標を達成させる。人からはそんなに認知されていなくともこの人がいないと回らない的なところがいいですよね。

 カードの絵は剣を持って戦っていますが、戦争をしているのではなく、私的にはこの剣は真剣さを表わしているような気がします。安全安心な日本においては、死ぬか生きるかの戦いはすごく遠い世界の存在ですので・・・

 
 
 
 
 

 
posted by nanami at 12:14| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。