2012年01月22日

龍神カード、2対のカード

sha-zen.jpg

 カードの八大龍王の婆伽羅(シャカラ)と善女龍王は親子の関係にあります。
 婆伽羅は海の王とも言われ、組織の長、経営者、権力者を表わし、この王である立場の人の考え方がその組織の流れを左右していきます。そしてその娘の善女龍王。

 先日、ちょっとした余興で龍神カードの3枚引きをしていたら、そのうち2枚にこの婆伽羅(シャカラ)と善女龍王がでてきました。
 相手の女性は、なんと代々と古く続く会社の経営者で、事業を引き継いだとのことでした。
この2枚のカードはまさしく、事業を継承してきたことを表わしているなと思ったものです。
ふむ、ふむ。こういう形でカードが出てくるんだと・・・

 他に読み方として、親子の関係を表わすこともあるでしょうし、現在属する組織の中でちょうど、親子のように関係性がある場合もあるでしょうし、それは、読む人によって、様々ですので、一概に伝統を継承している事業主を意味するものとは限らないし、それは読み手の臨機応変さが問われるのかなとも思います。


2枚が対になって意味を成すものに・・・
八大龍王の難陀(ナンダ)と跋難陀(バツナンダ)
以前、このブログ上でご紹介しました。

naki.jpg

「鳴龍」と「蒲牢」この2つの龍は両方とも鳴いています。でも鳴き方が違います。

tama.jpg
「夜明球」と「宝球」この2つの球の一つは暗闇にあり、一つは明るいところにあります。

kin-gin.jpg

「金龍」と「銀龍」太陽と月。

 これらのカードが対で現れるとどう読むといいのか、というのがすごく興味深いなと思います。めったに、対で出てくることはないと思うのですが、この対照的なカードをどう読むかも読み手の直観や経験によっても違ってくるので、私も大変興味があるところです。

龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 16:41| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

龍神カード、新ルール!?

 お正月は、家族が集まり新年を祝うのが慣例である。
 今年は辰年だし、龍神カードも発売されたので、いそいそと持って行きみんなに見せた。「へぇ〜」と言って一番興味を持ってくれたのが、小学校4年生の甥っ子だった。
カードを一枚一枚めくって、「これ何〜?」「これは?」そして、「この絵好きー」などと素直に感想などを言ってもらった叔母の私はニコニコである。

「どうやって遊ぶの?」
と聞かれてあせった。だって、このカードはメッセージカードで遊び用には出来ていないし・・・そこで、言ったのである!
「遊び方は自分で考えるんだよ!」
「ふ〜ん」
 それで、私は少しの間ホッとしていた。
 しばらく、甥っ子はカードと格闘していた。

だが・・・
「ねぇ、ねぇ、カードで遊ぼうよ」
と次にやってきた時には、ルールが出来上がっていたのである。
「ぇ〜え〜!!!!!?」

 龍神カードはグループに分けられて、そのグループの中に優劣が付けてあった。
そのグループは、「宇宙」「方位」「水」「動物」「自然」「悪」「兄弟」「球」「その他」
ちなみに宇宙グループには「龍神」「金龍」「銀龍」「昇龍」がある。動物グループの数が一番多い。

 このゲームで対戦するとき、まずは順番にカードを選ぶ。すでに優劣が付けられているので、強いカードを選ぶ方がお徳なのだが、その優劣は甥っ子にしかわからない。何しろ甥っ子がルールとなっているのだから。
半分ほど選び終わったら、残ったカードを重ねて裏にして置いておく。

 次はその重なっているカードを順番に引き、その引いたカードで相手の持ち札を攻撃するのである。引いたカードが相手の並んでいるカードより強い場合は自分のカードとして取り上げることができる。
とこんな具合である。

「兄弟」グループは、難陀(ナンダ)と跋難陀(バツナンダ)の2枚だが、この2枚を一組として攻撃することもできるようで、そうすると、攻撃力が倍になる。そんな、スペシャルなルールも幾つか出来上がっていた。

 全てルールは甥っ子の頭の中にあり、私はただ言われるままにカードを引いた。
結果、制作者のつもりの私には全く理解できない新ルールによって、甥っ子に完敗したわけである。

 ビックリ、驚き、そして、感嘆した。
 そして、もちろん甥っ子は大変喜んでいたのである。

oikko-ryujin.jpg
 甥っ子がグループ分けした、龍神カードたち。


龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 14:23| Comment(2) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

氏神さまのところに新年の挨拶

あけましておめでとうございます

近くの氏神さまのところに新年の挨拶に

 子どもの頃「初詣」というと、大きな神社に行くとさらにご利益がありそうな気がしていました。たくさんの人と共に、長い参列に加わり、お参りの後はお祭りのような様子に喜ぶ。
 こういった初詣はもちろん嬉しかった。
 氏神様へのご挨拶は、静かで心が暖まる感じがします。

中町天祖神社
いつも、静かな時間が流れている感のある、この氏神様のところも、人がたくさん訪れていました。閉まりきった社務所も雨戸がしまわれ、そしてお正月仕様に飾られた境内全体に息吹きを感じます。

nakamachi101.jpg

用賀神社
用賀にはよく買い物に行き、いろいろと便利にさせてもらっているので、ご挨拶に。
駅に近いせいか、こちらの方が参拝の方々が多かった気がします。

youga101.jpg

 それぞれの神社をよくみてみると、歴史も違うし、祀られている神様も違うし、少し離れたところに行くと習慣も違う場合がありますが、特に参拝の制約、「ここの氏子はこの神社に行くべき」「参拝は一社にするべき」などがないのは、非常にすばらしい!文化だと思います。

 ですので、また後日少し空いて、参拝客が減る頃、一ノ宮に初詣に行こうかなとも思っています。

 一年また生きて、また新しい年を生きる。そんなあたりまえのことに感謝することが出来ると、とてもすがすがしく感じるような気がします。


龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 10:54| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。