2011年12月13日

英会話は習い方が全てかもしれない-F

phonicsの活用


 「単純な仕事を英会話しながらする」
これは、英語を習得するのに大変役に立ったようです。ウェートレスとしてシカゴで働いていた時には、ちゃんとしていないと、生活にかかってくる。収入に差が出るとなれば、いやでも必要なことは覚えていくことを、この時身を持って知りました。

 お客様の言っていることがわからなくて、何度も聞き返すとだんだんと不機嫌になってしまうし、必要なことは必死で伝えないと仕事にならない。すると集中度が違ってきて、覚える力が増していくような気がします。

 ところで、英語が聴こえるようになるにはどうするといいのか?という質問があったので、提案したいと思います。
 
日本語の発音はご存知の通り母音と子音で構成されています。英語は子音だけで発音する場合もあり、どうも日常生活で日本語だけを聞いていると、条件反射で英語を聞くときも母音と子音の両方を認識しようとしているようです。
 ある時、友人に英語の発音を教えていたら、どうしても母音を発音しようとするのです。一生懸命巻き舌にして英語らしく発音しようと必死なのですが、巻き舌で発音するものももちろんありますが、そうではない場合も多い。母音を加えた発音で下手に巻き舌にすると逆にヘンテコリンな英語になってしまいます。
 子音の発音はどちらかというと、自然現象を音で表わす時のような感じだと認識してもらうといいかなと思いますが、ここで、うんちくをいくら並べたててもなかなかわかりずらいので、実際に聞いてみるのが一番だと思います。

phonics.jpg
AppStoreで販売されているphonics


 そこでおすすめなのが、Phonicsです。私自身もここ2〜3年でこのPhonicsの存在を知りましたが、これを学生の時に習っておくと、だいぶ違ったのではないかと思っております。
 Phonicsとは英語圏の子どもが最初に習うもので、「発音を学ぶ」というものです。国語(英語)の授業で行うと聞きました。アルファベットの文字そのものの読み方そして、単語になった時の読み方、そして、そのバリエーションと発音していきます。ここで、しっかりと発音の勉強をして次に進むというものです。
 Phonicsという名前で様々な形のCDも出ています。ポップミュージックにして歌いながら覚えるものもたくさんあります。
そして、つい先日見つけました。ビックリしたのですが、YouTube でPhonicsと検索すると、何百という動画がでてきたのです。ロック調、童謡調、ポップ調、ラップ調さまざまなものがあり、それも聞き放題。これを利用しない手はないなと思いました。

 それぞれの動画には個性があって、さまざまな性格の音声で発音されているので、応用もできるしとても活用できるのではないかと思います。
 まずは、このPhonicsを完璧なまでに覚えこむと、英語の発音が脳で認識できるようになり、そして、だんだんとよく聴こえるようになっていくと思います。
 英語の発音とヒアリングに自信がないと思っている方は、是非、一度トライしてみてくださいませ。

つづく

龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。