2011年12月21日

ハワイ 2008年

oahu.jpg


ハワイ、オアフ島の東 2008年

この日は、風がとっても強くて、海がとっても青く見えた日でした。
青のグラデーションがとっても綺麗でした。
posted by nanami at 11:40| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

八大龍王の難陀(ナンダ)と跋難陀(バツナンダ

nan-batsu.jpg

 龍神カードは東洋的な思想が基になって構成されているので、タロットカードや天使のオラクルカードにはない考え方が潜んでいます。主に日本で培われた考え方であり、習慣、伝統。そんな哲学が多く織り込まれています。
このような日本で育まれる気質は3月11日の東北大震災の時に、世界の人々が被災された日本人の対応のすばらしさに驚き、各国で報道されました。アメリカに住む友人たちからもたくさんそういった賛辞のメールをいただきました。
 その結果、それまであまり意識をして考えたことのなかった、日本人としての誇りを掘り起こしたような気がします。

 このカードの中には、「戦い」がキーワードになっているものが何点かあります。一言に「戦い」と言ってもその形はさまざまです。自分との戦い、勝敗を決める戦い、販路を広める戦い・・・

 八大龍王の難陀(ナンダ)と跋難陀(バツナンダ)。この2つの龍は兄弟で、兄が表を向き、弟が後ろを向いています。2つのカードを並べると一つの絵になります。そして、2枚一緒でチームワークを意味します。

 兄弟で表裏一体となった場合、バラバラになった場合、組織としてみる場合、単純にチームワークとしてみる場合、兄の難陀を組織のリーダーや社長、スポーツチームのキャプテンなどとして、弟の跋難陀カードは組織を構成する社員や会員、チームメートとする場合、もちろん、家族や兄弟の絆など、出てきたカードをどのように読むのかはその人次第です。

 いろいろなケースを列挙しましたが、考えすぎはよくないですよね。ですので、カードを見たその時感じたこと、直観が一番「的」を得ているかもしれません。難陀(ナンダ)と跋難陀(バツナンダ)のような関連性や意味をしっかり知っておくと、いろいろな形に展開していけるのではないかと思います。


龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 10:46| Comment(0) | 龍神カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

中町天祖神社

nakamachi-matsuri-5.jpg

 少し前の話になるが、10月2日は、ここ世田谷区中町の氏神様のお祭りだった。
中町天祖神社の例大祭である。前日の1日から御輿が町を練り歩き、2日の夜に社殿に戻ってくる。

 創建は不明。古くから氏神様として祭られてきている神社だそうだ。
住宅地の間にひっそりと佇んでいる神社で、世田谷に引っ越してきた頃何度も前を通ったが全く気がつかなかった。
 小さいが、石畳の参道にはイチョウの木が並び、お社はケヤキ、ムク、カシなどの樹木に囲まれている。大きくはないが鎮守の森が残る神社である。境内はいつも綺麗に掃除がされている。
ひっそりとした、参道を通り、手水舎で清めてお参りをすると、ホッとする。そんな氏神様である。

nakamachi-matsuri-2.jpgnakamachi-matsuri-1.jpg

 お祭りの日、自転車で神社を訪れてみると、境内にたくさんの出店があった。綿飴、りんご飴、おでん、仮面屋、クレープ屋、射撃、金魚すくい。
 全て自分自身が子どもの頃にお祭りで見た出店とほぼ同じである。お店の名前は忘れたが、型を綺麗に抜くと賞金または、商品をもらえるというゲームの店もあった。小学生の頃、男の子が必死で挑戦していたのを思い出す。
こういった店はみんな子どもたちがいっぱいで、みんな楽しそうに遊んでいた。テレビゲームやインターネットなた。どで遊ぶ子たちは、昔からあるこういった夜店には興味ないかと思ったがそうでもないと知ってなんとなく安心し
 楽しいことは今も昔も変わらないのかもしれない。


 神楽殿で、歌謡ショーが行われ、御輿が社殿に戻り、その後には紅白のもちが撒かれた。
もちはラッキーなことに白と赤の一個ずつもらうことができた。縁起がいいと喜び、焼いて食べた。すごく美味しかった。

nakamachi-matsuri-4.jpgnakamachi-matsuri-3.jpg

龍神カード!発売中!
Amazon→龍神カード
ryu-jin-hako-blog.jpg
posted by nanami at 10:49| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。