2011年07月31日

3月11日、震災後に思うこと−あとがき

連載となってしまいました。


 5回位で終えようと思って書き出した、震災の時に回りで起こった話です。記憶が薄れる前に書いておこうと思ったのが始まりです。
 そして、活躍した人たちの話を形に残しておきたいとも思いました。
このみなさんは、今も何かがあると、支援を続けてらっしゃるようですが、現在では日々の仕事に戻っていると聞きます。
 自分がしっかり生きていないと、困っている人に対して何もできないですよね〜。

 その彼らのうちの誰も、ボランティアの団体を立ち上げるというわけではなく、自分が出来る範囲で行動をし、そして、もう我々の出番は終わりと思うとさっさと引いていく。なんとも潔い終わり方だと思いました。
 
 たまたま、谷中さんと知り合いだったために、私もこの一連のボランティア活動の一部に参加ができて、本当に感謝しなくては・・・と思います。
 そして、たくさんのことを勉強させていただきました。
 
 復興はまだまだだと聞きます。私自身もまた何かできることがあればさせていただければと思っております。

 最後に、リンクもしていない「ほったらかし状態」のブログなのですが、何故か記事を書くと読んでいただいている方がいらっしゃるようで、アクセスも3倍以上になり、驚きました。
 どこで、どうやってこのブログにやってくるのかな?・・・と。思いっていますが、読んでいただき、ありがとうございます。
posted by nanami at 11:07| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。