2011年07月27日

3月11日、震災後に思うこと−M

日本に古来伝わるもの-3

 今年は皇紀2671年。日本で一番古い文献である古事記が編纂されて1299年です。日本国というくくりで考えると世界でも類をみないくらいに一つの国として歴史が続いていて、その文化を有史以上の長きに渡り受け継がれてきました。その間、もちろん政変は幾度とありましたが、文化の継承という意味では一度も他国に滅ぼされたことがありません。政変も国内に限ってのことです。

 そのせいなのか、日本には老舗が多く、創業200年以上続く企業が3000ほどあるといいます。世界には7000くらいあると言われているので、約40%が日本の企業が占めています。中国では9社、韓国では0社だそうです。

 平和な時代を反映するかのごとく、神宮において式年遷宮が行われてきました。南北朝と太平洋戦争の時は遷宮も行われなかったので、国難の時にはさすがに・・・ということでしょう。
 
 今回、日本に古来伝わるものとして、「自然とご先祖さまに感謝する」と書かせていただきましたが、これは様々な側面のほんの一部だと思います。世界に誇るこの長寿国日本には、その歴史の分私などには計り知れない叡智と知恵が詰まっていると思います。そうでないとこれだけ長く続かないのではないかと思うのです。

 「本物」は後世まで残ります。それを国として体現しているのが日本のような気がしてなりません。




 つづく
posted by nanami at 12:05| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。