2011年07月23日

3月11日、震災後に思うこと−J

世界が驚く東北人の対応

 我々は日本の国土の上で普通に暮らしていて、いろいろなことが普通のことだったり、普通の態度だったり、全て普通の世界の中にいて、加えて「大方当たり前」と思い、それに関しては深く洞察しようともしないのではないでしょうか。
 その、当たり前で普通のことが日本の外から見ると、驚きとともに感嘆していただけたようなのです。
 
 暴動が起きないこと。マスコミの対応。自分の悲劇を嘆き狂ったように泣き叫ぶ人がいない。みんな節度を守り団体で行動できる・・・など。

 私自身は以前営業でよく、いわき、相馬、気仙沼、大船渡、陸前高田に行っていました。太平洋岸のこれらの町に東京から行く場合、東北自動車道を北上し、途中で太平洋の方へ右に折れて山々の間を進みます。その山道を走っていると、突然視界が開けて太平洋が広がるという感じです。主要な交通網である高速道路と新幹線、東北本線からはその山並みを越えないとたどり着きません。
 私は自分で車を運転していたのですが、この山並みがすごく好きでした。高い山はなく、穏やかに続く山並みの間を行き交う車も少なく、鳥のさえずりが聞こえるようなそんな感じで、いつも暖かく迎えてくれるようなそんな気がしたものです。

 その山並みの向こうでは海岸線の少ない陸地を利用して寄り添うよう家並みがあり、町を形成しています。山中の緑の中を走るような暖かさとは打って変わって、太平洋に向きあう厳しさのようなものを感じます。漁港で栄えている街は、その港がどういった魚が獲れるかによって街の雰囲気が全然違いました。
 
大船渡にお店をかまえるお客様のところは鉄筋コンクリート作りの4階建てでした。ここで2日ほど仕事をしたときいろいろとお話をうかがく機会に恵まれました。大船渡には高いビルが少ないのですが、回りを見下ろすような4階建てのビルにしたわけは、津波を警戒してのことだとおっしゃっていました。

 地震がある度、津波警報が出される度に1階にあるお店の商品を一番上の階まで運ぶということでした。ご先祖様が津波に対して大変用心深く、そのために店主の父親の代で鉄筋コンクリートのビルにしたそうです。建てた頃はその周辺では一番背の高いビルだったそうです。
 残念ながら、今回の津波は彼らの用心をも及ばないようでした。津波はビルよりも高く押し寄せたようです。グーグルマップの航空写真で見ると、ビルそのものは残っているようですが、周りは全て流れてしまっていました。

 ところで、このグーグルマップですが、いつの間にか航空写真が震災後の写真に入れ替わっていて、津波によってどこまで街が破壊されたのかがよくわかります。

この街の人達は私が何時営業に行っても「そんな遠くからいらしたのですか」と暖かく迎えていただいた記憶が残っています。

東北の人、特に太平洋岸に住む人々は素朴で素直な方たちが多いのではないでしょうか。大多数の人たちがとても忍耐強く、いただけるものに感謝している方が多いのではないかと思うのです。そして、もしかすると、日本の文化を上手に継承している人が多いのではないかと思ったのです。
そして、世界の人々は、古代から私たちが継承してきた文化の背景からくる考え方、習慣に感動したのではないかと私は思うにいたりました。

つづく
posted by nanami at 12:16| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。