2011年07月20日

3月11日、震災後に思うこと−G

 避難所へ物資を持っていく時は何でも持っていけばいいというものでもありません。そこには当たり前のように需要と供給の法則があります。たくさんのボランティアの方たち、自治体、県、国、自衛隊、警察、消防などさまざまな人たちが被災された方たちそして、被災地への救援を行っています。行政では、横の連絡が取れているのかどうかはわかりませんが、少なくとも、ボランティアで動いている私たちは、他との連携は取れません。取りたくても誰がどう動いているのか、さっぱりわからない状態です。

 昨日は、お米が必要だったところが今日はもういらない。毛布が足りないといううわさを聞きつけ持っていったらすでに余っている状態であったり、日によって、時間によって、必要と思われるものが違ってくるのです。

 さらに、日を追うごとに必要なものが変容していきます。
 ですが、その頃常に必要と思われたものは、食べ物でした。

 この日私たちは、物資を排出した後、最後の救援物資をハイエースに詰めて気仙沼そして、陸前高田に向かいました。すでに暗くなっていました。

 気仙沼市までは、スムーズに入ることが出来ました。街も変わったところがなく女性が二人歩いていたので、陸前高田へどのように行ったらいいのか聞くことにしました。

 「すみません〜、陸前高田にはどうやって行くといいの?」
 「あっちですけど、道は潰れてしまっているから、バイパスを通るといいですよ」
 「お姉ちゃんたち食べ物あるの?」
 「・・・・・・、そこの自動販売機にジュースを買いにきたんだけど、昼間は街の人達、食べ物を探して町中を歩いています」

 東京でさえ、スーパーに食料品が消えたのだから、ここ気仙沼だとなおさらなのです。流通がストップしているせいなのか、食品も入ってきません。田子さんは、「みんなで分けて。これでしのいで」と車の中から、インスタントラーメンの箱を彼女たちが手に持てるだけわたしました。
 
 そこから少し走るとそこは津波の被害を受けた地域です。夜なので車のヘッドライトだけが頼り。街いっぱいの瓦礫の山。なんとか、道を抜けてバイパスに出てそこから、陸前高田に向かいました。

 そして、やっと陸前高田の街に着いたと思ったら橋が流されていました。街の中に入っていけません。瓦礫の中を行ったり来たり。この道は続いているのか、行き止まりなのか、さっぱりわからない。あと少しなのに・・・

 しょうがない、どうしようもないので、今来た道を戻りました。戻りながら田子さんが電話で道順を聞いています。どうも、一度内陸に向かって走り、そこで橋を渡って戻ってくる方法しかなさそうでした。
 電気が通ってないので、街灯はなく、暗い夜道を勘で走ります。

 「あれ〜、道間違ったかな〜」と言っていたら、ピンク色のパジャマを着たおばさまがヘッドライトに浮き上がりました。よかった、道順を聞こう。
 「すみません〜」
 「あんたたち!どういうつもりなの、私たちこんなに大変なのに、こんな車で入ってきて、いいけげんにしてよ!」

 と叫びながら言いたいことだけ言って走り去ってしまいました。
 車に乗っている私たちはボーゼンとして、一瞬何が起こったのか理解できませんでした。
 
 相当ストレスがたまっていたんでしょう。・・・と。田子さんは「食べ物あるの〜?」と聞く暇もなかったということ。

 気を取り直して、陸前高田へ。やっと市内に入っても、行ったり来たり、避難所の場所を教えてもらい、災害対策本部に到着することができました。

 ここの本部では、持ってきていただくものは何でもありがたい。と車に積んであったもの全部を下ろすこととなりました。

 すでに夜でしたが、そこにいた方たちみんな、災害本部の人達、自衛官そして、我々みんなで荷物をおろしました。

つづく

仙台市の様子左から
■この車は新車です。■自衛官が救援活動中■倉庫に大型トラックが
shinsai-6.jpgshinsai-5.jpgshinsai-4.jpg
posted by nanami at 10:07| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。