2011年07月18日

3月11日、震災後に思うこと−E

 名古屋に来て3日目、宿泊先の友人はロミロミマッサージ教室、とマッサージを提供するお店をしています。東北大変だよ〜と話をしていたら、ここでも大変お手伝いいただきました。教室の人々に声をかけていただいて、物資の買出しから緊急にミーティングを開いていただき、そのミーティングの参加料を物資の購入費に当てていただくこととなったり。

 そうこうしているうちに、講演会活動をされている先生が全国にお声をかけていただいたき、谷中さんに直接物資を送ってもらうようになっていきました。谷中さんもその人脈を通して、呼びかけ、さまざまな形でドンドンと物資が集まっていくこととなりました。

 そんな状況の中私たちは、仙台に行き、救援物資の仕分けや届けるのを手伝おうということとなりました。
仙台まで行くにはどうしたらいいだろうか。仙台に向かうには、国道○号線をひたすら登っていくか、東北自動車道を行くかという選択がありましたが、その頃は東北自動車道は緊急車両しか通れない状態です。私たちは、一度群馬に行きそこから、谷中氏の車で仙台まで連れていってもらうこととなりました。
 そして、もうひとつの問題はガソリンでした。3日目ともなると、名古屋近辺でも購入制限をするお店が増えてきました。東京の友人に聞いても、関東ではガソリンが手に入らないとのこと。ガソリンの携行缶はどこに行っても売り切れ状態。加えて、ガソリンスタンドでは、携行缶へや給油できないと言われます。
それでも何とか携行缶を見つけ、朝早くセルフのガソリンスタンドに行き、ガソリンを詰め、震災から1週間ほどたった頃群馬に向かいました。

 途中首都高を通ったのですが、今までに見たこともないように道が空いていて、そこから見える町並みには活気がなく死んでいるようなそんな印象でした。

 群馬で一泊、次の日の朝4時まだ暗い中を仙台に向けて出発しました。

つづく
posted by nanami at 14:26| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。