2011年07月17日

3月11日、震災後に思うこと−D

 仙台の田子さんに救援物資を届けた谷中さん。その日のうちにとって返して、群馬にもどったそうですが、次の日にまた救援物資を届けることとなったそうです。2度目に田子さんの事務所に行くと、山と積まれていた物資がスッカラカン。


 「どうしたんですか」
 「うぅ〜ん、皆にね、持っていってもらって〜」

 田子さんにはたくさんのバイク仲間がいて、困っている人達に谷中さんからいただいた物資を分けたということ。そして、情報を探っていくと、沿岸部に困っている人が山のようにいるということがわかり、物資を届けるようになっていったそうです。

 その頃は沿岸部の道は瓦礫で埋まっていて、大きなトラックだとまったく通ることが出来ないので、ハイエースや1トン位のトラックで荷物を小分けにして、行ったり、着たり、道なき道をそれこそ右往左往しながら進んでいく。

 やっと避難所に着くと、真っ暗な中に人々が重なりあうようにして、横になっていたそうです。照明がないから、暗くなると寝るしかないということ。その避難所のその日の食糧配給はおにぎり半分だけ。
 
「ありますよ〜。お米、煮炊き用の炭、女性の生理用品置いていきますから〜」
 とそんな話をしていたら、そこの避難所の代表なような人が来て、
 「ここの避難所は間に合ってますから」
 「ちょ、ちょちょ、ちょっと待ってください。今日みんなご飯掌に半分しか食ってないんでしょ」
 「自治体の方から言われてますので」
 と命を救うと思っていた救援物資が断られてしまったそうです。そこにいた、女性の方が、「この先のお寺に150人くらいいるので、持っていってください」と耳打ちされ、唖然としながらもまたまた、道なき道を行く。
 

 そのお寺では、被災者がみんなお礼を言いながら、そして、涙を流しながら車から箱を降ろしてくれたそうです。
「ありがとうございます」「ありがとうございます」
決死の思いで運んだかいがあった〜と、その時物資を運んだ何人かの感想。

 また、他の避難所では、救援物資はまったく届いていなかったそうです。5人位のチームを作り男性は昼間、明るいうちにもちろん徒歩で食べ物を探し歩き、女性はそこで出来る仕事をしていたという所もあったそうです。

つづき
posted by nanami at 10:22| Comment(0) | 3月11日、震災後に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。