2010年04月27日

おいしいうどん屋「駕篭休み」

大宮にある、一ノ宮、氷川神社に行くのに、さいたま新都心でおりて、
一の鳥居から参道を歩く。

南北に伸びる「氷川参道」は約2キロ。
ケヤキの木が心をなごませる。

その一の鳥居から氷川神社に向かって歩いて最初の交差点の
ところにあるのが、うどん屋「駕篭休み」
参道や交差点には、「うどん」「うどん」「うどん」と
たくさんのノボリが掲げてあり、
うどん屋があるということがすぐにわかる。

忙しい時は2時には全てのうどんが売り切れてしまうほど
たくさんのお客を集めている。

大変晴れて気持ちのいい土曜日、2時ギリギリにお店に到着。
なんとか最後のうどんに間に合った。
今回いただいたのは、月変わりの季節のうどん。
フキ、タケノコなどが入っていた。

ずるずるずる〜〜・・・

う、うまい〜〜…

地粉屋と書いてあるように、麺に少し色がついている。
それがとても美味しい。太い麺はいかにも今、作られました。
という感じ。
なんでも、さまざまな食材ひとつひとつにこだわりがあって、
うどん麺用の水、ダシ用の水とそれぞれ汲みにいく湧き水が
違うそうな。つまり、旦那が朝早くに起きて、水をくみにいく
ところから始まっているそうです。

フキやタケノコも素材の味がしっかりしていて、まるで春を食べて
いるよう。

次回も氷川神社のお参りは午前中に済ませ、
直会はうどん屋「駕篭休み」と決定した。

udon.jpg
udon2.jpg




posted by nanami at 20:24| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。